ドライブレコーダーの必要性とは?


商品情報コラム一覧 ≫ ドライブレコーダーの必要性とは?

ドライブレコーダーの必要性とは?

ドライブレコーダーは、現代の自動車の必須アイテムといえるでしょう。道路でのトラブルや事故が発生した際に証拠映像として提供すれば、保険会社や警察などとのトラブル解決をスムーズに行えるため、ドライバーにとって頼りになる存在です。では、なぜドライブレコーダーが必要なのでしょうか?以下でその理由と、ドライブレコーダーで特に注目すべき録画機能の特徴を詳しく解説します。

ドライブレコーダーの必要性と録画機能の特徴について

鏡を見て悩む女性

事故やトラブル時の証拠映像確保:

 

ドライブレコーダーを車両に取り付けることで、通常の走行中も録画が行われ、事故やトラブルが発生した場合には詳細な映像が保存されます。この録画映像は、後から確認するだけでなく、保険会社や警察との交渉材料として活用できます。証拠映像があれば、自分の無実を証明する手助けになり、保険請求の処理もスムーズに進めることができるのです。

 

 

エンジン連動や自動録画機能の利便性:

 

一部のドライブレコーダーは、エンジンのON/OFFに連動して自動的に録画を開始・停止する機能を備えています。この機能により、いちいち録画の操作を意識する必要がなくなり、手軽に録画を行うことができます。また、録画ボタンを押し忘れてしまっても、自動的に録画が開始されるために証拠映像を見逃すことがありません。

 

 

 

バックミラータイプやミラー型の取り付け:

 

最近のドライブレコーダーは、バックミラータイプやミラー型のデザインが主流となっています。これらのタイプは、車のバックミラーにドライブレコーダーが一体化されており、スッキリとした外観が特長です。バックミラーにドライブレコーダーを取り付けることで、ミラーとして車内の視認性を確保しつつ、ドライブレコーダーの録画機能を効果的に活用することができます。

 

 

 

 

その他の録画機能の特徴

 

ドライブレコーダーには、さまざまな録画機能が備わっています。例えば、Gセンサーによる衝撃検知機能や駐車モードなどがあります。Gセンサーによる衝撃検知機能は、事故や衝突の際に録画を自動的に保護し、消去されないようにします。駐車モードは、車が停車中でも録画を継続させ、異常な振動や衝撃を感知した場合にも自動的に録画を開始します。これにより、駐車中の盗難や車両へのいたずらなどが発生した際にも、証拠映像を確保することができます。

また、近年ではバックミラー型のドライブレコーダーも人気を集めています。これは、リアビューミラーとドライブレコーダーを一体化した製品であり、通常のバックミラーの代わりに装着することができます。バックミラー型のドライブレコーダーは、スペースを節約できるだけでなく、車両の後方に広い範囲の視野を提供し、安全な運転をサポートします。

 

 さらに、一部のドライブレコーダーにはGPS機能も搭載されており、走行速度や位置情報を記録することができます。これによって、ドライブの記録や運転ルートの確認が容易になります。

 

 

 

ドライブレコーダーで安心のドライブを!

髪をブラッシングしている女性

    ドライブレコーダーは録画機能だけでなく、さまざまな機能を備えています。これらの特徴は、ドライバーの安全性と便利さを向上させることに一役買っています。ドライブレコーダーの活用によって、より安心して運転を楽しむことができるでしょう。

    株式会社TITANではミラー型ドライブレコーダーを取り扱っています。撮影時間を選ぶことができ、録画容量が一杯になっても上書き防止機能で映像を保護できます。ミラー型ドライブレコーダーをお探しの方はぜひご利用ください。

会社名 株式会社TITAN
運営統括責任者 宮崎 陽子
住所 〒326-0141 栃木県足利市小俣町292
メールアドレス titan-concierge@titan-2014.com
URL https://www.titan-2014.com/